積立投資

スポンサーリンク
積立投資

ウェルスナビの手数料1%は高い?実際の手数料額と分配金をチェック

手数料が高いと言われているWealthNavi(ウェルスナビ)ですが、実際はどうなんでしょうか。運用して1年近く経ったので、実際に掛かった手数料と分配金を集計してみました。1%の手数料も自動リバランスや税金対策をしてくれることを考えたらありなんじゃないかと思います。
積立投資

もう設定した?SBI証券のポイント『投信マイレージサービス』とは

SBI証券のポイント『 投信マイレージサービス 』はもう設定済みですか?投資信託の月間平均保有額に応じてポイントが貰えるお得なサービス。利用には利用開始手続きが必要です。現金やポイント、商品と交換できるお得なサービスなので忘れずに登録しておきましょう。
積立投資

「 銀行での現金預金はリスクだ 」を鵜呑みにしてはいけない理由

「銀行預金は物価上昇のインフレに対応できないからリスクだ。すぐに投資をすべき。」なんて話を聞いたことはないでしょうか?果たしてそうなのでしょうか。実は現金預金で持っていは方がいい場合もあります。やっぱり投資はしっかり勉強して自己責任で始めることが大事ですね。
積立投資

【インフレ】物価上昇率が年2%の場合100万円の10年後の価値は?

物価が上昇するインフレ。日本では毎年2%の物価上昇を目標に、日銀さんやらが頑張っています。そこで言われるのがインフレになると現金の価値が下がるから対策が必要だということ。インフレになると現金の価値が下がる仕組みをわかりやすく紹介します。
積立投資

【積立投資】「ジワジワ上がる」と「最後に一気に上る」でお得なのはどっち?

iDeCo(イデコ)やつみたてNISAで投資信託の積立投資をしていても中々基準価額が上がっていかずに、じれったい思いをしていませんか?ジワジワと毎年基準価額が上がっていく相場と、最後に一気に基準価額が上がる相場のどっちがお得か検証してみました。
積立投資

楽天証券で楽天ポイントをつかって投資信託を購入する方法と注意点

イデコやつみたてNISAをはじめてから投資信託にハマっています。今回は、楽天ポイントで投資信託を購入するために、楽天証券の口座を新しく開設しました。楽天ポイントでの投資信託の購入方法と注意点を紹介します。ポイントを無駄遣いせず、投資にまわしてみてはいかがでしょうか?
積立投資

【NO.1ロボアド】ウェルスナビをはじめた3つの理由とはじめ方

今話題のロボアドバイザーによる自動資産運用サービス「WealthNavi(ウェルスナビ)」になけなしの10万円を払い、資産運用をはじめてみました。ウェルスナビをはじめた理由とはじめ方を紹介させていただきます。登録はイデコやNISAに比べ簡単で早いです。
積立投資

積立投資の基本『 ドルコスト平均法 』のメリット・デメリットを詳しく解説

投資でよく聞く「 ドルコスト平均法 」をわかりやすく解説します。毎回同じ口数を購入するのではなく、毎回同じ金額を購入することによってどのようなメリットがどのくらいあるのか事例で紹介。また、知っておきたいドルコスト平均法のデメリットも紹介いたします。
積立投資

金融業がiDeCo(イデコ)とつみたてNISAを積極的営業しない理由

iDeCo(イデコ)や つみたてNISA は多くのメリットがあるにもかかわらずなかなか普及しません。それもそのはず、金融業者があまり積極的に販促営業をしていません。理由は簡単。だからこそ自分自身で調べて早めにスタートすることが、メリットになるのでうまく活用しましょう。
積立投資

iDeCo(イデコ)と「つみたて・一般・ジュニア」NISAの違いと選び方

最近よく耳にするiDeCo(イデコ)やNISAですが、何が違うのかよくわからいといった話をよく聞きます。iDeCo(イデコ)・つみたてNISA・一般NISA・ジュニアNISAの違いと、自分の目的にあった制度の選び方を解説します。
スポンサーリンク