iDeCo(イデコ)

スポンサーリンク
iDeCo(イデコ)

SBI証券のiDeCo(イデコ)をセレクトプランに変更する方法

SBI証券のiDeCo(イデコ)をオリジナルプランから、イデコ最強との呼び声も高いセレクトプランに変更する手順を紹介します。超低コストのインデックスファンド「eMAXIS Slimシリーズ」での運用を行いたい人は早めに変更してしまいましょう。
iDeCo(イデコ)

【SBI】iDeCo(イデコ)の運用状況をスマホアプリで確認する方法

放ったらかしで良いと言われているiDeCo(イデコ)こと個人型確定拠出年金ですが、やはり自分の買った商品が上がったか下がったかは気になるものです。スマホのアプリを使って簡単にSBI証券のイデコの運用状況の確認をする方法をお教えします。
iDeCo(イデコ)

iDeCo(イデコ)の引落残金が不足しているとどうなるか調べてみた

老後資金のためにコツコツと積み立てをしていく個人型確定拠出年金のiDeCo(イデコ)。ほったらかしすぎて残高不足に気が付かず、積み立てができないとどうなってしまうのでしょうか?手数料が安く、商品が豊富な3機関「SBI証券・楽天証券・マネックス証券」の場合を調べてみたので紹介します。
iDeCo(イデコ)

SBI証券でのiDeCo(イデコ)の掛け金の配分方法・運用商品の買い方

iDeCo(イデコ)こと個人型確定拠出年金の申込みから約2ヶ月。ようやく掛金の準備が完了しました。準備が長く面倒くさいのがイデコ。SBI証券でイデコの掛金の配分を設定する方法を紹介いたします。画面はわかりにくいですが、商品さえ決められればすぐに完了です。
iDeCo(イデコ)

3種類から選ぶ!損しない iDeco(イデコ)の上手な受け取り方

長年コツコツと積み立てて運用してきたiDeCo(イデコ)こと個人型確定拠出年金を少しでもお得に受け取る方法を教えます。60歳になって、受け取ることの出来るイデコですが、なるべく早くはじめて、長い期間コツコツと続けることが、結果的に得するポイントとなります。
iDeCo(イデコ)

面倒だから価値あり!SBI証券での iDeco(イデコ)のはじめ方

メリットのあるiDeCo(イデコ)こと個人型確定拠出年金ですが、残念ながら簡単にすぐにはじめられる制度ではありません。私が選んだ「 SBI証券 」でのイデコのはじめ方をまとめているので、参考にしてください。最低でも1ヶ月程度は必要です。早く一歩を踏み出しましょう。
iDeCo(イデコ)

【甘い罠】知っておきたい iDeCo(イデコ)のデメリットと注意点

多くのメリットで人気のiDeCo(イデコ)こと個人型確定拠出年金ですが、もちろんうまい話だけではありません。イデコもデメリットや注意点をしっかりと勉強することで、リスクを最小限に抑えることが出来ます。しっかり学んで老後資金を積み立てていきましょう。
iDeCo(イデコ)

iDeCo(イデコ)のメリット『 お得な3つの節税 』を徹底解説

iDeCo(イデコ)の最大のメリットである税制優遇について解説します。掛け金の全額所得控除・運用益の非課税・受取時の控除と3つの節税の制度でどれ位お得になるのか、シミュレーションしてみました。運用で利益が出なくてもお得になるほど優遇された、積立制度の効果がわかります。
iDeCo(イデコ)

使わないと損をする!今はじめたい話題の iDeCo(イデコ)とは?

iDeCo(イデコ)こと個人型確定拠出年金を知っていますか?2017年1月から加入することが出来る対象者が広がった今話題の制度。将来の年金不安に備えて、「自分自身で老後資金は用意してね。」といった国の意図が感じられます。しっかり勉強し、自分自身で老後のお金は準備しておきましょう。大事なのは「知っているか?知らないか?」ではなく「やるか?やらないか?」です。
スポンサーリンク