SBI証券

スポンサーリンク
つみたてNISA

SBI証券からつみたてNISA用「かんたん積立アプリ」が出たので使ってみた

SBI証券の「かんたん積立アプリ」を使ってみたので紹介します。今までアプリでできなかった、つみたてNISAの運用実績の確認から、買い付けや売却までできるアプリです。残念ながらiDeCo(イデコ)の確認をすることはできませんでした。
iDeCo(イデコ)

SBI証券のiDeCo(イデコ)をセレクトプランに変更する方法

SBI証券のiDeCo(イデコ)をオリジナルプランから、イデコ最強との呼び声も高いセレクトプランに変更する手順を紹介します。超低コストのインデックスファンド「eMAXIS Slimシリーズ」での運用を行いたい人は早めに変更してしまいましょう。
つみたてNISA

年の途中スタートでつみたてNISAの年間40万円枠を使い切る方法

つみたてNISAで購入できる年間の上限枠は40万円です。年の途中からつみたてNISAをはじめた場合は、この年間40万円を使い切るためには設定が必要となります。SBI証券でボーナス設定をして、年間40万円の枠をしっかりと使い切る方法を紹介いたします。
積立投資

もう設定した?SBI証券のポイント『投信マイレージサービス』とは

SBI証券のポイント『 投信マイレージサービス 』はもう設定済みですか?投資信託の月間平均保有額に応じてポイントが貰えるお得なサービス。利用には利用開始手続きが必要です。現金やポイント、商品と交換できるお得なサービスなので忘れずに登録しておきましょう。
つみたてNISA

【 SBI証券 】つみたてNISAで購入する商品の停止と変更方法

SBI証券のつみたてNISAで、積み立て買付けする商品の変更をしてみました。理由は、同じような商品で、より信託報酬の安い商品が発売されたためです。今まで買っていた商品を停止して、新しい商品を指定するだけ。とっても簡単に買付け商品の変更可能でした。
iDeCo(イデコ)

SBI証券でのiDeCo(イデコ)の掛け金の配分方法・運用商品の買い方

iDeCo(イデコ)こと個人型確定拠出年金の申込みから約2ヶ月。ようやく掛金の準備が完了しました。準備が長く面倒くさいのがイデコ。SBI証券でイデコの掛金の配分を設定する方法を紹介いたします。画面はわかりにくいですが、商品さえ決められればすぐに完了です。
つみたてNISA

つみたてNISAの引落残金が不足しているとどうなるか調べてみた

一度設定すれば、放ったらかしで資産の積立と運用ができる人気のつみたてNISAですが、放ったらかしすぎて積み立てるための残金が不足した場合はどうなるのでしょうか?人気の3つの証券会社である「SBI証券・楽天証券・マネックス証券」の制度を調べてみました。
つみたてNISA

【SBI証券】スマホアプリでの「 つみたてNISA 」運用実績の確認方法

SBI証券でのつみたてNISAの運用実績をスマホのアプリで確認する方法をお教えします。SBI証券の公式アプリでは確認することができないNISAの運用状況。積立投資は、ほったらかしがいいと言われていますがやっぱり気になりますよね。ある有名アプリで確認することが可能です。
つみたてNISA

【簡単】SBI証券でのつみたてNISAのはじめ方|まずは試しにやってみよう

SBI証券ではじめての投資である『 つみたてNISA 』を申し込んで開始してみました。手続自体は簡単でスグにはじめることが出来ますが、何を買ったらいいのかがよくわかりません。とりあえず6銘柄購入。つみたてNISAは後から変更も可能なので、やりながら勉強して調整していこうと思います。
iDeCo(イデコ)

面倒だから価値あり!SBI証券での iDeco(イデコ)のはじめ方

メリットのあるiDeCo(イデコ)こと個人型確定拠出年金ですが、残念ながら簡単にすぐにはじめられる制度ではありません。私が選んだ「 SBI証券 」でのイデコのはじめ方をまとめているので、参考にしてください。最低でも1ヶ月程度は必要です。早く一歩を踏み出しましょう。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました